無料ブログはココログ

amazon

  • amazon

日記・コラム・つぶやき

2016年6月 4日 (土)

チャートデータの資料調査について

たまにデータについて質問されたりすることがあるのですが、オリコンのデータは開設された1968年から全て閲覧可能というわけではありません。特に古いデータは現存する資料そのものが少ないですし、一般公開されていない部分もあったりします(その当時はあったかもしれませんが)。ある程度は図書館で調べたり古い書籍を入手したりしてデータを得ることができますが、データを取ることが出来ない範囲というものが存在し、そのため自己集計も出来ない部分が発生します。

今回はFAQではないですが、現状で調査可能な部分がどこまでなのか、質問に出ることやその回答の根拠になる部分をざっくりとまとめてみたいと思います。基本的に書いてあるのはシングルチャートのお話です。

オリコンが正式に開始されたのは1968年から。その直前の1967年にも準備段階として集計されていますが、閲覧できる資料はわずかです。調査が可能な資料のいちばん最初の部分は1968年と1969年の週間チャートは「コンフィデンス年鑑 1970年版」に2年分まとめて掲載されています。ただし1968年2月分までは週間の得点はなし、累計が入るのも6月からなので初期の部分の計算はできません。1970年の週間チャートは「コンフィデンス年鑑 1971年版」に1年分掲載されています。

1971年~1974年3月までが問題の空白の期間となっています。「コンフィデンス年鑑 1972,73合併版」には4週に1週しか縮刷版が掲載されていません。順位は前3週分が見られますが、その3週の間に圏外に消えた作品に関しては順位もわかりません。当然得点もわかりません。「コンフィデンス年鑑 1974年版」でも1週おきと間隔は短くなっていますが、同様の問題で順位と得点がわからない部分があります。

これだけの資料でこの期間全週の順位が確定できるのはだいたい40位以内までです。今みたいに急落作品は皆無の状態とは言え、40位台に入ると3週の空きの分で抜けが出る週が出てきます。自分の調査ではチャートブックで確認できるが年鑑掲載分で確認出来なかった作品は65作品もあります。

「コンフィデンス年鑑 1975年版」からは全週掲載されるようになっています。ただしこの時期は4月~翌年3月という掲載方法になっていますので、完全データになるのは1974年4月以降ということになります。ちなみに年鑑での縮刷版が4月~翌年3月となっているのは1978年版まで。1979年版からは1~12月の掲載となります。1978年の1~3月は1978年版と1979年版で重複しています。

その後オリコン側での修正などがあり、後に公開される公式累計データと週間データからの自己集計では差異が発生する場合もありますが、1980年ぐらいまででそういうことはなくなってきます。最後の大きな修正は、週間では200万超えている「ダンシングオールナイト」が161.7万枚になっているあたりですかね。ミリオンに届いていないのにミリオンになっていたり、逆に超えてるはずなのに少なくなってたりする作品もあります。また、古い資料には誤植も多く、順位がかぶっていたり順位と得点が合わなかったりする場合もあります。

ここからしばらくは各年の「オリコン年鑑」に収録されている縮刷版から全データを閲覧可能となっています。ただし1996年12月最終週だけはなぜか年鑑に未収録のため、週刊誌の方からデータを取得する必要があります。

そこから先の大きな変更は2002年に訪れます。累計の集計対象が2002年12月からシングルでは200位、アルバムでは300位に変更になります。12月からというのは、年間チャートの集計期間が前年12月初週からその年の11月最終週までとしていたためです。さらに10枚単位の数字を「得点」として売上を出すには10倍しなければならなかったものが、ここを境に1枚単位の数字(推定売上枚数)に変更になりました。

この期間にも不明な部分が現れます。オリコンは2002年12月から101位以下を集計対象に加えたにもかかわらず一般向けのオリコン誌では100位までしか発表しませんでした。業界向けのコンフィデンス誌の方で101位以下の順位は確認できますが、2003年2月までの3ヶ月間は得点が載っていないため各週の得点の確定はできません。累計だけは3月以降のランキングから探すか、チャートブックやyou大樹の検索でデータを見つけることはできます。

しかしアルバムチャートの方も200位までの掲載のため、アルバムの集計対象である201~300位に関しては全く掲載がない状態になっています。したがってその期間に201位以下にしかランクインしていない作品は存在すら不明ということになります。2003年3月以降はシングル200位、アルバム300位までの順位・得点ともに発表はありますが、「オリコン年鑑 2003年版」と「オリコン年鑑 2004年版」の縮刷版ページには100位までのものしか載っていません。2003年末までの101位以下のチャートを入手するには週刊のコンフィデンス誌(業界誌の方)を全週分をチェックする必要があります。

この3ヶ月間のアルバムの不明の部分を確定するには以下の手順で調査する必要があるでしょう。

(1)12~2月の200位内ランクイン作品や3月以降初登場以外のランクイン作品について、you大樹での検索を行い201位以下で抜けている順位を埋めていく。
(2)チャートブック全作品の中から、この時期にランクインしている作品をすべてピックアップする。(発売日等で判断するしかない)
(3)2002年11月以前の100位内作品がその期間に201位以下に残っている場合を精査。(2)でピックアップしたものの累計と11月末の累計が異なっている場合は対象期間内のランクインがある。
(4)これで3ヶ月間の200位以上登場作品と3月以降の登場作品で3ヶ月間に201位以下の順位が埋まるが、一部虫食い状態になっている。
(5)これまでの調査で出てこずチャートブックからしか抽出出来なかった作品がこの虫食いの空いている部分にあたり、3ヶ月間の201位以下のみに登場した作品となる。
(6)それらの作品をyou大樹で検索でして順位を確定し穴埋めしていけば、3ヶ月間の201~300位の順位は埋まることになる。

このようにチャートの精査にもかなりの手間がかかる上に、チャートブックの中からのピックアップが気の遠くなるような膨大な作業です。しかもyou大樹の検索は1ヶ月200件までなので、何ヶ月か掛けてやるか複数ID(数人で協力する)などの方法をとらなければ順位検索も一度には終わりません。この集計範囲切り替え時の3ヶ月間のチャートを埋めるのは並大抵の作業量ではありません。それでも101位以下の週間の得点の確定はできず、年間などの集計で使う場合には、この部分は3ヶ月間の累計をまとめておいてその数字を使うしかありません。

2004年以降(2003年12月以降)はyou大樹でも101位以下が見られるようになるので、年鑑でもネットでもデータを入手できるようになっています。この後での変更は年間チャートの集計期間が2006年年度から締めの週が12月第3週になりました。2006年度は2005年12月1週から2006年12月3週までと通常より3週分多い集計に、それ以降は前年12月4週から12月3週までが集計対象期間となっています。

月間チャートの集計は2009年9月よりそれまで週間の日付の月でまとめていましたが、集計期間をベースにその月の売上に近くなるよう変更になりました。年間・月間の集計期間の変更は、おそらくこれまでは年末の特番や賞レースなどの参考データに利用されるべく早めに出す必要があったものが情報の加速化によってギリギリまで待つことが可能になって、本来集計すべき期間に限りなく近くできるようになったためと思われます。

とりあえずこれを書いている現在で把握出来ているものはこのぐらいです。今後ネットサービスの拡大か新たな書籍でも販売されない限りはこのまま変わらないでしょう。

ご参考までに、現在you大樹で検索できる週間チャートの範囲は下記の通りです。
1968年1月~1985年11月…20位まで   
1985年12月~1996年12月…50位まで
1997年1月~2003年11月…50位まで(得点付き)
2003年12月~現在…200位まで(アルバム300位まで)

一般向けのサイト「ORICON STYLE」では週間シングルチャートは2005年9月4週が最初、順位も50位までのランキングしか閲覧できません。業界向けの「真大樹」の方はどこまで載っているのかは閲覧したことがないのでわかりません。

このようにして私は長年調査していたわけですが、現在は表に出していない状態になっております。もし興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

2016年5月15日 (日)

SLMS公開休止に関して

本サイトの方は一部を除き休止状態となっておりますが、大まかな経緯についてはトップページに書いてあるとおりです。

オリコン社からの要求事項として「分析や解説を全面的に排除するものではないが、一般向けオリコンHP掲載範囲内の使用に留めた引用を望む」とありました。

「一般向けオリコンHP掲載範囲内」と言われれば現在より10年前程度しか掲載されておりませんので、そもそも時期的な当サイトの意図とは折り合わないことになってしまいます。その部分は如何ともしがたいところがあるのですが、それはさておきまして分析や解説についても考えてみました。

当サイトとしては引用文献の所在を明確にして該当する文献のごく一部を抜粋したかたちで運用しておりました。例えば週刊TOP20は「オリコン年鑑」掲載の縮刷版より1ページ(100位掲載)の中の上位20位のデータの中の一部分の引用です。研究活動においての引用範囲において妥当な量かどうかは見る人によって変わってくるとは思いますが。

当サイトでの分析や解説というのは、当然のことながら引用データに基づいたものとなっています。解説ページの一つとして「記録の瞬間」というコンテンツを作っておりました。これを作ったのは週間チャートを全週分まとめた後なのですが、実はこれは逆の発想でした。ある一週の記録を抜き出して語るには全データの蓄積の上で説得力が出てくるということで、「記録の瞬間」のコンテンツを作りたいがために、その引用データとして必要な週間TOP20を作ったのです。

you大樹でもシングルのTOP20は検索出来ますが、当サイトの週間TOP20との違いは得点が入っているのもありますが、一番の違いは前週順位が入っていることと直接1クリックで前後の週が見られるところです。他の月間・年間なども同じ考えなのですが、長い歴史の中の「繋がりと流れ」というものを体感できること、したがってこの表・ページの作りそのものが当サイトが提供する分析であり解説なんですね。ちなみにyou大樹では一つのページから得られる情報は各作品の最高順位と登場回数と、最終的な累積データに由来するものだけで前後の繋がりは比較しにくい作りになっています。

あともう一つ当サイトの大きなコンテンツはBEST20INDEXです。こちらはオリコン公式との比較で言えばチャートブックのデータが該当します。もちろんチャートブックは書籍ですので簡単にデータを再構成することはできません。アーティスト別でまとまっているので各アーティストの歴史を振り返るには非常に使える書籍ですが、当サイトの見方はこちらも「繋がりと流れ」がテーマです。

見る側としては「自分がよく音楽を聴いていた時期の情報をまとめて見たい」といった視点もあると思います。例えば「青春歌年鑑」が出ているのは「19XX年あたりの曲をまとめて聴きたい」という要望があるからでしょう。当サイトのBEST20INDEXはそういう要望を満たすために作ったコンテンツです。実際に私個人がプレイリストを作って聴いているのはそういう意図ですので。ただこのコンテンツは週間チャートのデータとチャートブックの累積データを分解して整理しないと出せないデータで、個人で作ろうと思えば何十時間単位での作業になるものです。おそらくそんなこと個人でやってるのは全国でも数えるほどしかいないんじゃないかと思いますが(笑)

このようにyou大樹も含むオリコン公式では見ることの出来ない方向からのページ構成を取ることが当サイトの意図になっておりました。詳細データ検索などは公式に導くという前提ですが、当サイトがその足りない部分の補完になるならば新たにチャートそのものに興味を持つ人も増えるチャンスにもなるでしょう。元々詳しい方には情報交換の場にはなれど、同様のサービスが公式で始まらない限りは公式の権利を害さず容認出来る程度のコンテンツにしたつもりではありました。情報が被っている最新の週間チャートなどはオリコン公式の方がジャケット写真が見られたり関連情報も断然多く、当サイトを見る意味は軽いぐらいしかないですから。

このあたりは二次創作物の権利問題のようなもので、サイト開設から18年間黙認されてきたこともあり、オリコン社側へのプロモーションにもなり得るコンテンツであると受け取っていただけているとも思っておりましたので、注意書きのページに警告があれば続けられないとは書いていたものの、やはりいきなり今回のような事態となったことは非常にショックではあります。

オリコン社とはその後直接交渉などは行っておりません。「分析・解説は排除する意図はない」とありますが、「一般向けオリコンHP掲載範囲内」とある時点で、昭和時代~90年代の音楽チャートを中心に据えている当サイトの存在意義を全否定されたも同然ですので。最新週のニュースなどの引用制限を考えるとかならまだ交渉の余地はあるのでしょうが、当サイトのコンテンツについては何も交渉する要素がないと言うのが実態です。上記の通り引用データの整理方法そのものが管理人の分析表現であり、解説につながってくるものですので、とりあえずは粛々と個人的にデータ蓄積を行っていくしかないのかなと思っています。

ただ一人のチャートファンの立場で言えば、正直もっと公式がちゃんと情報提供して欲しいという気持ちはありますね。

今年SMAPの騒動などもあり「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が12年ぶりにTOP3に入るというニュースがありました。この作品が発売されたのは2003年ですから高校生や中学生はまだ小さな頃の話です。例えば「この作品がヒットした2003年はどういう曲が流行ってたんだろう? オリコンの公式ページみたらわかるかな?」と検索をかけても、オリコン公式は週間で2005年までしかないので情報が得られません。高校生が検索して「この曲が流行ってた同じ時に自分たちが卒業式で歌った「さくら(独唱)」がヒットしてたんだ」みたいな発見もなかなか出来なくなっちゃうわけですね。

わざわざ些細な興味を調べるために「月額課金してyou大樹入会しよう」とはならずに、情報を知る機会を逸するだけでしょう。おそらくそういった場合にさらに検索をかけていくと当サイトのようなところが引っかかるようになっているはずです。10年前の情報ですらこの状態ですから70~90年代となればさもありなんというところでしょう。

そしてそのあたりの音楽を聴いている世代が現在では懐古主義でCD媒体を購入するメイン層になっているわけで、そういう世代にヒントを与える情報源としても、本来はオリコン公式みたいなところが提供して音楽業界を盛り上げる補助的役割を果たすべきだと思いますが、実際には足りてない部分で当サイトみたいなところに流れてきてしまっているのだと思っています。そこはやはり一人のファンとしては残念なところです。

この先は余談ではありますが、実はGWの休みに作業をすることを見据えて新コンテンツを作っておりました。基本的に当サイトでは自分が音源所有が可能な範囲を対象としていましたが、特に昭和時代においてはその下の少しマイナーな部分も興味深い部分でもあります。そのTOP30までの「微妙な部分」をピックアップした「BEST30INDEX」を作っていました。2000年以降はほぼTOP20より下の付け足しにしかならないのですが実際作ってみると昭和時代はやはりおもしろいデータとなっています。

あともう一つ「BEST20INDEX」の週日付に週間チャートへのリンク付加も仕掛けていました。「BEST20INDEX」の登場作品の流れと各週のチャートの両方を簡単に比較できるようにするものです。この視点が違う二種のデータがリンクされることで楽しみ方も広がると思っていたのですけどね。

結局現状では売上や最高位データのない「MY PLAYLIST」を「BEST20INDEX」と自分のiTunesのプレイリストを使って再編成して出すにとどまっています。そういった少し視点で作り直したデータなどを見ながら、いろんな方の意見や思い出を聞いてみたりしてみたかったんですけどね。

2016年3月25日 (金)

オリ☆スタ休刊

収集ネタも思いつくところはほぼ一通り書いたし、昨年末から家庭の事情で忙しくなったりでしばらく書けてませんでしたが、雑誌の方のオリ☆スタが休刊、最終号が出ていたのでちょっと思うところもあり一筆。

you大樹で事足りると言いますか、雑誌では100位までしか載っていないのでチャート誌としては使い物にならなくなったこと、そして度重なる値上げでお布施としてしばらく買っていたオリ☆スタも買わなくなってしまって数年経ち、今日最後の4/4号を記念に買ってきました。最後の全表紙が並んだのを見てるといろいろ思い出が甦ってきます。

今もチャートに沿った音源収集をしているわけですが、CDを借りてカセットテープに録り始めたのが1987年ぐらいだったでしょうか。オリコンを買い始めたのが1990年から。チャートの整理を始めたのはPCを使い始めた1994年ぐらいからで、サイトを始めたのが1998年。並行してTOP20を基準とした新譜の収集とアナログ音源の録り直し、未入手作品の収集を始めたんですね。

その後チャートデータを整理して週間シングルTOP20を全週完成させて今のサイトに仕上げたのが2003年。東京在住になったことで今のような入れ替わりの激しいチャートでも音源収集が可能になったというのもありますかね。職種も全く変わって収入は減ったものの、利便性と時間を手に入れて今の生活があると。人生何があるかわからないものです。

今はyou大樹で全部データを取ることが出来ますが、それまでは毎週雑誌からの転記でした。もちろん過去データも年鑑やバックナンバーからの転記。国会図書館や新宿区・杉並区の図書館、信濃町の民音音楽博物館、上野にも行きましたね。今は無きヤマハの資料館は唯一の71~74年のデータが載っていた年鑑がありコピー不可の書き写しでした。68,69年のデータを収集するのには兵庫の明石の図書館まで出向いたこともありました。

そしてそれらをデータ化するための入力作業にどれだけの時間を割いたことか、今考えたら恐ろしくなってきますねえ(笑) 今は完成したデータに新しいものを追加してを運用するだけになっていますが、気が遠くなるような作業をよくやってました。自分の趣味にだけ没頭できた転職の間の空白の9ヶ月が如何に大切な時間だったかと。

今は2016年。1968年から始まったオリコンのシングルチャートも来年を終えるとちょうど50年を迎えます。また記念本とか出るかもしれませんが、そろそろチャートブックの更新ではなく不完全な部分(1975年以前、特に1971年~1974年と2002年12月~2003年3月の101位以下)を補完した全週間チャートの縮刷版など出してくれないかなぁと思う今日この頃、というかオリ☆スタ最終刊を機に思った次第です。