無料ブログはココログ

amazon

  • amazon

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月15日 (日)

SLMS公開休止に関して

本サイトの方は一部を除き休止状態となっておりますが、大まかな経緯についてはトップページに書いてあるとおりです。

オリコン社からの要求事項として「分析や解説を全面的に排除するものではないが、一般向けオリコンHP掲載範囲内の使用に留めた引用を望む」とありました。

「一般向けオリコンHP掲載範囲内」と言われれば現在より10年前程度しか掲載されておりませんので、そもそも時期的な当サイトの意図とは折り合わないことになってしまいます。その部分は如何ともしがたいところがあるのですが、それはさておきまして分析や解説についても考えてみました。

当サイトとしては引用文献の所在を明確にして該当する文献のごく一部を抜粋したかたちで運用しておりました。例えば週刊TOP20は「オリコン年鑑」掲載の縮刷版より1ページ(100位掲載)の中の上位20位のデータの中の一部分の引用です。研究活動においての引用範囲において妥当な量かどうかは見る人によって変わってくるとは思いますが。

当サイトでの分析や解説というのは、当然のことながら引用データに基づいたものとなっています。解説ページの一つとして「記録の瞬間」というコンテンツを作っておりました。これを作ったのは週間チャートを全週分まとめた後なのですが、実はこれは逆の発想でした。ある一週の記録を抜き出して語るには全データの蓄積の上で説得力が出てくるということで、「記録の瞬間」のコンテンツを作りたいがために、その引用データとして必要な週間TOP20を作ったのです。

you大樹でもシングルのTOP20は検索出来ますが、当サイトの週間TOP20との違いは得点が入っているのもありますが、一番の違いは前週順位が入っていることと直接1クリックで前後の週が見られるところです。他の月間・年間なども同じ考えなのですが、長い歴史の中の「繋がりと流れ」というものを体感できること、したがってこの表・ページの作りそのものが当サイトが提供する分析であり解説なんですね。ちなみにyou大樹では一つのページから得られる情報は各作品の最高順位と登場回数と、最終的な累積データに由来するものだけで前後の繋がりは比較しにくい作りになっています。

あともう一つ当サイトの大きなコンテンツはBEST20INDEXです。こちらはオリコン公式との比較で言えばチャートブックのデータが該当します。もちろんチャートブックは書籍ですので簡単にデータを再構成することはできません。アーティスト別でまとまっているので各アーティストの歴史を振り返るには非常に使える書籍ですが、当サイトの見方はこちらも「繋がりと流れ」がテーマです。

見る側としては「自分がよく音楽を聴いていた時期の情報をまとめて見たい」といった視点もあると思います。例えば「青春歌年鑑」が出ているのは「19XX年あたりの曲をまとめて聴きたい」という要望があるからでしょう。当サイトのBEST20INDEXはそういう要望を満たすために作ったコンテンツです。実際に私個人がプレイリストを作って聴いているのはそういう意図ですので。ただこのコンテンツは週間チャートのデータとチャートブックの累積データを分解して整理しないと出せないデータで、個人で作ろうと思えば何十時間単位での作業になるものです。おそらくそんなこと個人でやってるのは全国でも数えるほどしかいないんじゃないかと思いますが(笑)

このようにyou大樹も含むオリコン公式では見ることの出来ない方向からのページ構成を取ることが当サイトの意図になっておりました。詳細データ検索などは公式に導くという前提ですが、当サイトがその足りない部分の補完になるならば新たにチャートそのものに興味を持つ人も増えるチャンスにもなるでしょう。元々詳しい方には情報交換の場にはなれど、同様のサービスが公式で始まらない限りは公式の権利を害さず容認出来る程度のコンテンツにしたつもりではありました。情報が被っている最新の週間チャートなどはオリコン公式の方がジャケット写真が見られたり関連情報も断然多く、当サイトを見る意味は軽いぐらいしかないですから。

このあたりは二次創作物の権利問題のようなもので、サイト開設から18年間黙認されてきたこともあり、オリコン社側へのプロモーションにもなり得るコンテンツであると受け取っていただけているとも思っておりましたので、注意書きのページに警告があれば続けられないとは書いていたものの、やはりいきなり今回のような事態となったことは非常にショックではあります。

オリコン社とはその後直接交渉などは行っておりません。「分析・解説は排除する意図はない」とありますが、「一般向けオリコンHP掲載範囲内」とある時点で、昭和時代~90年代の音楽チャートを中心に据えている当サイトの存在意義を全否定されたも同然ですので。最新週のニュースなどの引用制限を考えるとかならまだ交渉の余地はあるのでしょうが、当サイトのコンテンツについては何も交渉する要素がないと言うのが実態です。上記の通り引用データの整理方法そのものが管理人の分析表現であり、解説につながってくるものですので、とりあえずは粛々と個人的にデータ蓄積を行っていくしかないのかなと思っています。

ただ一人のチャートファンの立場で言えば、正直もっと公式がちゃんと情報提供して欲しいという気持ちはありますね。

今年SMAPの騒動などもあり「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が12年ぶりにTOP3に入るというニュースがありました。この作品が発売されたのは2003年ですから高校生や中学生はまだ小さな頃の話です。例えば「この作品がヒットした2003年はどういう曲が流行ってたんだろう? オリコンの公式ページみたらわかるかな?」と検索をかけても、オリコン公式は週間で2005年までしかないので情報が得られません。高校生が検索して「この曲が流行ってた同じ時に自分たちが卒業式で歌った「さくら(独唱)」がヒットしてたんだ」みたいな発見もなかなか出来なくなっちゃうわけですね。

わざわざ些細な興味を調べるために「月額課金してyou大樹入会しよう」とはならずに、情報を知る機会を逸するだけでしょう。おそらくそういった場合にさらに検索をかけていくと当サイトのようなところが引っかかるようになっているはずです。10年前の情報ですらこの状態ですから70~90年代となればさもありなんというところでしょう。

そしてそのあたりの音楽を聴いている世代が現在では懐古主義でCD媒体を購入するメイン層になっているわけで、そういう世代にヒントを与える情報源としても、本来はオリコン公式みたいなところが提供して音楽業界を盛り上げる補助的役割を果たすべきだと思いますが、実際には足りてない部分で当サイトみたいなところに流れてきてしまっているのだと思っています。そこはやはり一人のファンとしては残念なところです。

この先は余談ではありますが、実はGWの休みに作業をすることを見据えて新コンテンツを作っておりました。基本的に当サイトでは自分が音源所有が可能な範囲を対象としていましたが、特に昭和時代においてはその下の少しマイナーな部分も興味深い部分でもあります。そのTOP30までの「微妙な部分」をピックアップした「BEST30INDEX」を作っていました。2000年以降はほぼTOP20より下の付け足しにしかならないのですが実際作ってみると昭和時代はやはりおもしろいデータとなっています。

あともう一つ「BEST20INDEX」の週日付に週間チャートへのリンク付加も仕掛けていました。「BEST20INDEX」の登場作品の流れと各週のチャートの両方を簡単に比較できるようにするものです。この視点が違う二種のデータがリンクされることで楽しみ方も広がると思っていたのですけどね。

結局現状では売上や最高位データのない「MY PLAYLIST」を「BEST20INDEX」と自分のiTunesのプレイリストを使って再編成して出すにとどまっています。そういった少し視点で作り直したデータなどを見ながら、いろんな方の意見や思い出を聞いてみたりしてみたかったんですけどね。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »