無料ブログはココログ

amazon

  • amazon

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月25日 (火)

山下達郎のシングル音源

ひとつ前に竹内まりやさんをやりましたが今度は旦那の山下達郎さんの方です。結論から言いますと、けっこう面倒で厳密に言うと未CD化の音源もあります。全シングルまで追うと相当な量になりそうなのでうちの基準である<TOP20or10万枚>に絞って見ていきたいと思います。

ベスト盤はこれまでに「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」「TREASURES」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」の3枚が出ており、それを基本にして書いて行きますが、まとめるより曲ごとに判定をつけて行く方がわかりやすそうなので、今回はひとつずつ書いて行くことにします。
そもそも「再録音」をほとんどしない方なので、ベスト収録に際してどの音源からリマスタリングしてるのかというのがという部分がキーになるのではないかと思います。アルバムにリミックスのバージョンで入ってる曲は注意ということですね。

・クリスマス・イブ
一番のヒットで何度も再発売している「クリスマス・イブ」に関してはどれか一つ録っておけば1曲目の音源は変わらないので問題はなさそうです。盤によって音圧などの違いはあるでしょうけどオリジナル音源からの収録のようで他のバージョンはなさそうです。

・RIDE ON TIME(1980年/2003年)
1980年版はアルバム「RIDE ON TIME」からの先行シングルで、アルバム収録のものは再レコーディングだそうです。しかしシングルバージョンは「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に入っておりベストから録れば問題なし。2003年のドラマ主題歌として出たシングル盤はシングルバージョンのリマスターなので同じ音源としては大丈夫なようです。

・あまく危険な香り(1982年)
「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されていますが、特にバージョン違いの記述は見られません。

・高気圧ガール(1983年)
「MELODIES」からの先行シングル曲でアルバム収録のものと同内容ということで、ベスト収録(「TREASURES」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」)のもので問題なさそうです。

・風の回廊(1985年)
収録アルバム「POCKET MUSIC」も含め、ベストでもバージョンは変わらないようです。「TREASURES」と「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています

・踊ろよ、フィッシュ(1987年)
一番の問題はこれ。シングルはアナログのEP盤しか発売されておらず、「TREASURES」と「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」には、シングルバージョンの音源であるものの、「最後にコーラスがリフレインしてブレイクする、リリースされたものと異なるシングル・ヴァージョン」との記載があります。つまりシングルバージョンとはなっているものの、完全なEP盤のままでのCD化はされていない、「未CD化音源」ということになってしまいます。

・GET BACK IN LOVE(1988年)
ここからはCDシングルで発売されているので、シングル盤のCD音源は存在します。しかしこの曲はアルバム「僕の中の少年」ではアルバムバージョンとして収録され、後のベスト収録の音源もこのアルバムバージョンが使用されています。ということで、シングルバージョンを入手するにはシングルCDが必要ということになります。年代が古い8cmCDなのでシングルの入手はちょっと面倒かもしれません。

・Endless Game(1990年)
・さよなら夏の日(1991年)
この2作はバージョン違いの記述は見られません。ともに「TREASURES」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。

・アトムの子/Blow(1992年)
こちらもバージョン違いの記述は見られません。「TREASURES」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。両A面の「BLOW」はアルバム「RARITIES」収録されており、バージョン違いの記述も見られません。

・Magic Touch(1993年)
アルバム「COZY」への収録はありますがアルバムバージョンです。ベスト未収録作品なので、入手にはシングルCD音源が必要です。

・ヘロン(1998年)
バージョン違いの記述は見られません。「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。

・いつか晴れた日に(1998年)
アルバム「COZY」に収録のものはアルバムバージョン。「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」やオムニバス「風街図鑑」にも収録されていますが、Wikipediaの記述も曖昧で、それらがシングルバージョンかどうか明確な記述も見あたりません。シングルCDから録るのが確実ですが、詳しい方がいましたらコメントなどいただければと。

・LOVE CAN GO THE DISTANCE(1999年)
アルバム「ON THE STREET CORNER 3」に収録されていますが、ALBUM REMIXとなっています。ベスト未収録作品なので、入手にはシングルCD音源が必要です。

・Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow~(2000年)
アルバム「RARITIES」収録のものは歌はそのままだが演奏は録り直しが行われているらしく、バージョンが違うようです。入手にはシングルCD音源が必要となります。

・君の声に恋してる(2001年)
バージョン違いの記述は見られらせん。「RARITIES」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されてます。

・2000トンの雨(2003 New Vocal Remix)/フェニックス(2003年)
「2000トンの雨」は、シングルの通りの「2003 New Vocal Remix」がそのまま収録されているので「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」から録れますね。両A面の「フェニックス」はアルバム「SONORITE」収録のものはリミックスなのでシングル音源が必要です。

・忘れないで(2004年)
バージョン違いの記述は見られません。「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。

・FOREVER MINE/MIDAS TOUCH(2005年)
バージョン違いの記述は見られません。 両曲ともアルバム「SONORITE」に収録されており、「FOREVER MINE」は「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」にも収録されています。

・ずっと一緒さ(2008年)
バージョン違いの記述は見られません。アルバム「Ray of Hope」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。

・僕らの夏の夢/ミューズ(2009年)
「僕らの夏の夢」はバージョン違いの記述は見られません。アルバム「Ray of Hope」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。両A面の「ミューズ」はシングル収録のみとなっています。

・希望という名の光(2010年)
バージョン違いの記述は見られません。アルバム「Ray of Hope」「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されています。

・街物語(まちものがたり)(2010年)
「Ray of Hope」収録のものはリミックスで、「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」に収録されてはいますが、音源がシングルなのか「Ray of Hope」なのかが未確認です。上述の「いつか晴れた日に」と同じ状況なのでシングルCDから録るのが確実ではあります。このあたりの時期なら普通にレンタルにもあるでしょう。

・愛してるって言えなくたって(2011年)
これも「街物語」と同じパターン。「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」収録がどちらかからなのかは未確認。シングルCDから録るのが確実です。

光と君へのレクイエム(2013/10/9)
現時点ではアルバム収録はないので、シングル音源が必要です。

2015年8月18日 (火)

竹内まりやのシングル音源

<TOP20or10万枚>の基準をとれば、これを書いている現在で26作が対象のシングルとなります。
収集は比較的簡単と言える部類に入ると思いますが、いくつか注意点があるというところでしょうか。

まずこの人の場合、オリジナルアルバムにシングルが入っていることが多いことと、2008年のベストアルバム「Expressions」の存在が非常に大きいですね。このベストだけですべて揃うわけではないのですが、1979年からずっとCD化されていなかった「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~」のシングルバージョンが初めて収録されたことで、対象作品すべてがやっとCD化されたということになりました。

「Expressions」にはこの他に「今夜はHearty Party」のシングルバージョンも入っています。オリジナルアルバム「Bon Appetit!」において、「今夜はHearty Party」と「ロンリー・ウーマン」はリミックスバージョンが収録されているため、この2作はシングルCDから録る必要がありました。そんなわけでこのベストに入っていない「ロンリー・ウーマン」だけはシングルCDから録らなければ、現状ではシングルバージョンが入手できません。

初期の作品も含め、2008年までのシングルはそのほとんどが「Expressions」で入手できます。例外として「明日の私」が入っていないので、これだけは前のベストアルバム「Impressions」から録ればいいでしょう。

「カムフラージュ」の両A面の「Winter Lovers」はアルバム「Bon Appetit!」から、「返信」の両A面の「シンクロニシティ(素敵な偶然)」と「明日のない恋」の2曲はアルバム「Denim」からそれぞれ入手は可能。「Expressions」以降の曲は現時点ではアルバム「TRAD」から入手可能ということになります。

「駅」はシングルカットされた際に最初は「AFTER YEARS」の方がA面になっていました。この曲は「QUIET LIFE」から入手可能なのでこれで全部揃えることができるでしょう。

あとは余談になりますが、<TOP20or10万枚>の対象外になっている作品も揃えたいという人も初期のベスト盤などを集めればシングル曲はほぼ揃いますが、12インチシングルの「PLASTIC LOVE」だけは「夢の続き」のCDシングルに、A面である EXTENDED CLUB MIX が収録されていただけで入手困難な状態が続いていましたが、2014年の復刻盤である「Variety (30th Anniversary Edition)」のボーナストラックとして両A面の NEW RE-MIX とともに収録され入手可能となりました。

「NATALIE」の両A面の「アップル・パップル・プリンセス」もシングル「縁の糸」のカップリングで「'08 New Remaster」として収録されています。バージョン違いではなくリマスタリングなのでこれもオリジナル音源のCD化ということになりますね。

2015年8月 4日 (火)

郷ひろみのシングル音源

今回はシングル100作品を迎えた郷ひろみの音源です。

まずいつもの<TOP20or10万枚>の基準に照らし合わせてみますと、対象となるのは100作品中64作品になります。流れで言えば、デビューから1980年代中盤まではヒットを飛ばし続けたものの、芸能活動中止・渡米のあたりから年1,2作は出していたもののランキング的には低迷し、いわゆる「バラード3部作」で復活。その後は「GOLDFINGER'99」のヒットなどはあるが浮き沈みがあり、うちの対象としては飛び飛びで入ってくることになります。

2000年以降、100作目までの対象作品は下記のようになります。

・Hallelujah,Burning Love(2000年)
・なかったコトにして(郷ひろみ with HYPER GO号)(2000年)
・True Love Story/さよならのKISSを忘れない(郷ひろみ/松田聖子)(2000年)
・愛より速く(2005年)
・君が泣ける場所になる(2005年)
・Boom Boom Boom/Come On Baby(2007年)
・君だけを feat.童子-T(2008年)
・男願 Groove!(2009年)
・Get Real Love ~GOLDFINGER'009~(2009年)
・愛してる/愛してはいけないひと(2010年)
・笑顔にカンパイ!(2011年)
・100の願い(2015年)

対象64作品の中で、デビュー曲の「男の子女の子」から「素敵にシンデレラ・コンプレックス」までの47作のうち「ぼくのるすばん」「ナイヨ・ナイヨ・ナイト」を除く45作、そして「2億4千万の瞳」「どこまでアバンチュール/ケアレス・ウィスパー」の2作が80年代の対象曲。
90年代に入ってバラード3部作「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」「言えないよ」「逢いたくてしかたない」がきて、次に1996年の「どんなに君がはなれていたって/裸の夢」、その後は1999年の「GOLDFINGER'99」まで飛びます。そこから100作目までは上に書いた通りです。

そして音源ということになりますが、ベストアルバムで使えるものとしては6作に絞らるでしょう。レンタル屋などでよく見かけるのは「THE GREATEST HITS OF HIROMI GO」と「THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.Ⅱ~Ballads~」の二つ。あとは古い作品になりますが「'72-'85 DANDYISM」「'86~'91 DANDYISM Ⅱ」のDANDYISMシリーズ、そして8枚組BOXの「ALL THE SINGLES 1972-1997」、11枚組×5種類の紙ジャケットのシングル集「Single Collection of Early Days」のvol.1~5となります。

まず言っておかなければならないのは、これらのベストは74作目以降の収録はありません。つまり74作目の「ゆっくり恋しよう」以降の音源はシングルや他のアルバムから録ってくる必要があります。「GOLDFINGER'99」はオムニバスなどでも入手しやすいですが、あとはシングルを探す方がいいでしょう。「True Love Story/さよならのKISSを忘れない」は松田聖子の方からの入手経路がありますが。

さて、その前の作品ですが、一番よく見かける「THE GREATEST HITS OF HIROMI GO」はあまり役に立ちません。代表曲だけ聴くにはいいのですが、デビューから66作目までのうちの30曲しか入っておらず70年代・80年代ともに虫食い状態になってしまいます。

「THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.Ⅱ~Ballads~」はバラード三部作に関してだけは収集できます。「'72-'85 DANDYISM」が入手できた場合の補充という意味では少しだけ使えるでしょう。

その「'72-'85 DANDYISM」は55作目の「サファイア・ブルー」まで、26作目の「ぼくのるすばん」(TOP20対象外)を除く全ての曲が入手できます。「お化けのロック」のA面である「帰郷」、「ケアレスウィスパー」のA面である「どこまでアバンチュール」も入っています。ただし非常に入手しにくい作品であるというと古い音源のため音質が少々難点ではあります。ちなみにその続きの「'86~'91 DANDYISM Ⅱ」は63作目の「迷イズム」まで入っていますが、この期間にTOP20対象曲は含まれていません。

一番有用なのが「ALL THE SINGLES 1972-1997」だと思いますが、デビューから73作目まで全曲AB面入っているものの、こちらはレンタルで見かけたことがありません(禁止ではないようです)。もし入手できればこれ一つで「GOLDFINGER'99」より前の対象作品はすべて入手できるのですが…。

最後に「Single Collection of Early Days」ですが、ごく限られた場所ではありますが一応レンタルできる作品です。各11枚組で、要はシングル11枚を集めたBOXです。これが5種類あり、55作品目までの全部のシングルが入手できます。55作目は1987年の「千年の孤独」なので、バラード三部作までは到達していませんが80年代までの対象曲はすべて入っています。

ということでまとめますと、「ALL THE SINGLES 1972-1997」があれば、あとは「GOLDFINGER'99」以降の対象シングル曲を集めればよい。「'72-'85 DANDYISM」もしくは「Single Collection of Early Days」5種を入手できれば、バラード三部作は「THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.Ⅱ~Ballads~」で、そして「GOLDFINGER'99」以降の対象シングル曲の他に「どんなに君がはなれていたって/裸の夢」も入手しなければならない、ということになります。

100作の記念ということもありますし、今年還暦を迎えるにあたり、そろそろ2000年代も揃えたコンプリートベストを出してくれないものかなという期待も出てきますね。まだ初期作品でも入手が難しいものもけっこうあったりしますし、そのあたりも網羅してくれると助かる人も多いのではないでしょうか。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »