無料ブログはココログ

amazon

  • amazon

« 何を探しているのか? | トップページ | このブログの目的は? »

2015年6月 5日 (金)

管理人の収集状況について

もちろんデジタルデータの収集ですので、基本としてレンタル作品から録るという作業を行う都合上、PCでデジタル音源が管理出来るようになったのはCD-Rが安価で普及するようになってからということになります。私がそれを始めたのはだいたい2000年の後半ぐらいからです。

その前はデジタル保存していなかったというわけではなく、1994年末からDATでCD音質のまま録音していました。つまり1995~2000年とそれ以前の一部の音源は所有していました。

しかしながら現在音楽用のDATデッキは生産中止になり、所持している機種もテープをマウントしにくいなどの不具合が出ており、当時の音源を引っ張り出すことが困難となっています。数年前に一度全音源をPC転送で録音し直しましたので、とりあえず音源の確保はしていますが、それも多少の問題があります。

等倍速で昔の低スペックのPCで録音しているので、光ケーブルでのデジタル転送とは言え、全曲音飛びなし・音質劣化やノイズなしで録れているかどうかの保証がありません。全曲洩れなく聴き直すというのも現実的ではない(300時間を超えます)ので、可能で限りこの時期の分も録り直しは少しずつ進めている状況です。

1994年以前については、カセットテープである程度の曲は所有していましたが、結局1968年1週目のTOP20登場作品からすべてCDからの録り直しを行いました。一部の音源を除いて一通り揃えていまして、それは本サイトの【BEST20INDEX】と【UNDER21INDEX】に印をつけています。

そして最近になって、これらの情報をもう一度整理を行っています。音源がどのソースから録ったものなのかを全曲の対照表を作成し、これが本当に【シングル音源】なのかどうかということを調査しやすいように情報を整理しております。

その表に従って再リッピング作業を行い、1968~2000年の間で6,000曲ほどある作品の中で、実際に整理の途中で調査してバージョン違いがいくつか発見されています。ネットの情報が充実して昔と比べて調査しやすくなったことも大きいかと思います。10年以上前、Wikipediaも今ほどの情報はなかったと思いますしね。

« 何を探しているのか? | トップページ | このブログの目的は? »

音源収集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178182/61699621

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人の収集状況について:

« 何を探しているのか? | トップページ | このブログの目的は? »